■プロフィール

ワンコ後藤

Author:ワンコ後藤
ワンコ後藤と申します。
町の変なモノを愛し、たいがい徒歩で移動します。
共立の社員であり、ホテルとその近隣を紹介します。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
それは、京都だから!(京都・秀峰閣)その12
「ワンコインで、ゴー!」 
まあ、知る人は知っているのだが、うちでは「布団は自分で敷く」のだ。それが嫌な人は、京都の場合、ベッドの部屋をご指名して泊まってね。他にも、和洋室タイプの畳のコーナーには、自分で敷いてもらうので、ご飯を食べ終わって「あれ?」とか思わないようにお願いしまする。銀花のように布団を敷いてくれる所は、うちでは大変数が少ないから。あいすまぬ~。
 そんなわけで、広い部屋に1人きりだし自分で布団を敷いて、ひっそりと寝ました。

 翌日、まずテレビを付ける。天気予報を見ると、どうも当りそうだ。天気予報が、じゃなくて、「ところによっては…」という方に大当たりの予感。そういうことは、だいたい当るよね。
オレンジジュースは、少しのんじゃった… それでも朝ご飯だ!朝ご飯には、他のお客さんもいるのでマメの出番はない。お給仕をしてくれる人が「どうぞ、お代わりをしてくださいね」と言ってくれるが、どうかおかまいなく~。
次来る時は、がちがちに体を固めておいて、エステか? なんだかんだで、秀峰閣ともお別れである。女将さんには会えなかったが、皆々様がた、また来るまでごきげんよう。

 今日行くところは、高山寺。ここで、ピンと来た人はおそらくいったことがあるでしょ。京都の北西のほうにある、山の中のお寺なので、もちろん紅葉の名所だ。今頃は、きっと賑わっていると思う。ただし、紅葉の季節は、入山料がかかるけどね。それ以外のシーズンはお寺に行くだけならタダである。当然それなりに理由はあるけれど、一度行ってみたかったんだもん。
 この「高山寺」、CMに出た事もある。日本で最初のお茶畑があるところだ。それで覚えている人は、「あー、あれね」とおもうかも。そのお茶のペットボトルのパッケージになった絵が、ゴトーはたまらなく好きなのだ。「鳥獣戯画(ちょうじゅうぎが)」と言う、絵巻物で日本史の教科書にも出てくると思う。平安末期、鳥羽僧正が描いたとされる。
相撲のシーンとかの方が有名だねつうか、「こんな絵」だ。あまり上手くはないが、見たことあるでしょ?流石にそのまんまスキャニングするのはいかがかと思って、ゴトーが描いている。このウサギは、カエルに対する傷害事件を起こしたらしいサルを追っかけているのだ。4巻中1巻目が、もっとも有名で、もっとも出来がいいと思う。絵巻物の文字部分「詞書(ことばがき)」はなくても、連中が何やっているのか、だいたいわかる。千年来のオタク文化?後ろ向きに鼻をつまんで川にダーイブとか、乗り物自慢とか、弓の試合とか、やたら楽しそうである。コレで国宝なんだよ。すごいよね~。

で、その高山寺に行くのに京都駅から「ワンコイン500円」なんだよ~。
スポンサーサイト


旅日記 | 12:46:57 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。